野良猫の生態を解き明かすブログ

様々な気になることを記事にしていきます。

猫の腎臓病についてわかりやすくまとめてみた

 

こんにちは、私です!

 

f:id:zattaburogu:20170617134532j:image

 

今日は猫ちゃんたちの、じん臓病について、
少しお話していこうかなぁと思います(^^)

 

 
うちの老猫たちが腎臓病です(T . T)

zattaburogu.hatenablog.com

で紹介しました猫ちゃんの、

 

 

●ポコ

f:id:zattaburogu:20170610094856j:plain


●グー

f:id:zattaburogu:20170610095251j:plain

 

 

が腎臓病を患っています(;_;)
闘病歴は約1年くらいかなぁ…

 

週2回、点滴をして水分補給をしてます!
水分補給をしないとグッタリ…
2回のうち1回は獣医さん
もう1回は自宅で行ってます。

 

猫自らは必要量の水分を摂取できないので、
皮下注射で補ってます。
注射打った後はお腹ポヨンポヨン笑
ですがやっぱり打つと元気になります。

 

ポコちゃんはもう今年で22歳になりますが
腎臓病以外はこれと言った病気はありません。
前はたまにおしっこ出なくなったりしたけど…

 

グーちゃんも腎臓病以外は特に無いです(^^)
めっちゃ食欲旺盛で、パンが大好き笑

 

さてさて、腎臓病の原因ってなんなんでしょう

 

●腎臓病の原因

結論から言うと、
断定できるものはないようです。(^^;

▶︎キャットフードが影響する


人間と違ってエサがトータルバランス
考えられて作られているので、偏ったりとか
栄養不足とかはないはず。。
って他で書かれてましたが、結構
粗悪なフードもあったりして、
結構これが当てはまるんじゃないかなぁ…
なんて思ったりもしてます。。

 

 

 ▶︎本来の猫化の体質上の問題

 

猫のおしっこってとてつもなくクサイ
少ない水分で毒素を効率良く排出するため
毒素が凝縮させてるからだそう…
ですが、これにより腎臓を酷使しているとか。

 

 

●予防策 

▶︎食生活をしっかりと


予防するってなると、人間と同じように
しっかりとした食生活を提供してあげる
これが一番ですよね。

 

ネットで買える格安の餌とか
絶対ダメですよ!(^^;


人間で例えると、、、

添加物てんこ盛りのコンビニ弁当のようなものです。。。

 

その他ウチで気をつけているのが
食べさせる量を正確に計って与えてます。

 

満腹まで与えるのは内臓に負担をかけてしまう
のであまりお勧めしません。

決まった量をあげてマネジメントしてあげて下さい。

 

こう考えると、人間とほぼ同じですねー笑

 

あとは、もう飼い主である我々が
こちゃんの些細な変化をしっかり見極めて
何かおかしいなと思ったらすぐに病院。
早期発見で腎臓の機能低下を遅らせることが
できます。


一度機能しなくなった腎臓は回復しませんので
早めに見つけられるといいです。

多飲多尿には要注意です!

 

 

●治療

治療に関しては、完治することはないです。
壊死した細胞を生き返らせることはできません。


なので、

 

1、壊死を遅らせる
2、症状を緩和させる

 

この2つになるそうです…(;_;)


だいたいの猫ちゃんが70%腎臓が

壊死した段階で発覚することが多いそうです。

 

逆に言えばもっと早い段階で健康診断を
行えば、長生きさせてあげられるって事ですね!

 

うちの他の子たちも健康診断を定期的に行なっているので、みなさんも連れて行ってあげて下さい。

 

猫の腎臓病については難しい事が

たくさん描かれていたのでまとめてみました。

 

 

●まとめ


腎臓病を起こさせないために以下に気をつける。

 

•健康診断を定期的に受けさせる。
•低品質のフードはあげない。
•食事マネジメントをする。

 

人間と同じで
日々の食生活が大きく影響します!
しっかり管理してあげましょう!